2015年02月17日

代表ご挨拶

一級建築士事務所TK31株式会社 代表取締役社長 齊川孝広大学卒業後、ゼネコンで10年間ビル建築をつくっておりました。良い建築を安価に合理的につくるにはどうしたらよいか?を勉強し、学びました。建築士を取り、その後マンションの所長を数現場歴任して思いました。このすばらしい技術を一般のユーザー様に伝えたい。そしてお客様の笑顔を生み出したい。その思いから2004年の9月に一級建築士事務所TK31を起ち上げました。

おかげさまで創業10年が経ち、地域の皆様とともに発展してまいりました。
2007年に発生した新潟県中越沖地震の被災地住宅相談員を行ったり、東日本大震災の際は船橋市の建築住宅相談室事務局として年間200件以上の相談業務に協力させていただきました。そこで学んだことがあります。『人の復興力』です。泣きながら絶望して相談に来られた方が、建築士の少しのアドバイスにより力強い希望の目へ変わっていくのです。私はこのような形で”建築士として社会貢献”が出来たことによて、会社を起ち上げた目標の一つを叶えられました。

家や建物は暮らす人使う人によって一つ一つ望まれることや役割が違います。そのそれぞれのニーズをしっかり捕らえ、また未来を見据えて、これからのお家は作っていかなければならないと思います。
最初の家づくりは不安や分からない事だらけでいっぱいと思います。いろんな悩みを解決していきながら、家づくりを通して家族の笑顔と安心をつくっていきましょう

一級建築士事務所TK31はこの先も地域のより良い建築会社であり続けるよう、お客様へのトータルサービスを考え、一人一人のニーズに合った新しい技術とノウハウをもって誠心誠意お答えしていきます。

お客様と今後を担う子供たちのために・・・

一級建築士事務所TK31株式会社 代表取締役社長 齊川孝広

コンセプト

安心・安全な住まいづくり。そして末永いおつき合いを大切にしています

建物の耐震補強が注目されている現在、その重要性が見直されています。
新築・リフォームともに、敷地周辺の調査から始め、お客様のご要望に沿ったプランで耐震性を高めるアドバイスをしております。

特に建物の基礎部分は見えない場所だからこそ、徹底した工事管理に努めており、安心・安全な住まいづくりにこだわっています。

また、完成後のおつき合いこそが大切だと思っておりますので、気になる部分や細かいご要望などを気兼ねなくご相談していただき、お客様が納得されるまでおつき合いさせていただいております。

毎日を快適に過ごすための大切な空間。
是非、一緒にお客様だけの安心・安全にこだわったお住まいをつくりあげていきましょう。

〔お庭部門〕真面目で熱心 本多孝

honndagaikou.jpg本多 孝

お酒を飲みに行くのが大好きの本多さん。
お客様のご要望を取り入れて
使いやすく、きれいで、お値打ちの提案をしてくれます。
おひげがちょっとお茶目な感じ?ですがとても真面目な社長さんです。